NO IMAGE

「WP Fastest Cache」の設定方法

「WP Fastest Cache」のプラグインを入れようと思うけど、どのように設定したらいいかわからない。

 

という問題を解決します。

 

トト

「PageSpeed Insights」のキャッシュ問題に困っていた
「WP Fastest Cache」のプラグインを入れて問題解決した

 

これから「WP Fastest Cache」について説明します。

「WP Fastest Cache」とは

「WP Fastest Cache」とは最もシンプルで速いWPキャッシュシステムのプラグインです。
設定も簡単だし、かなりおすすめです。

 

「WP Fastest Cache」で改善された点

実際に「トトはエンジニ屋」のブログにおける動作スピードはこのような結果になっています。
導入後、1日後に最適化スコアや速度スコアのレポートが改善されました。

導入前

 

導入後

 

「WP Fastest Cache」の設定方法

これから設定方法を説明します。
ブログ初心者でキャッシュとかよくわからないという方は同じ設定にしましょう。

 

WordPressでプラグイン「WP Fastest Cache」を見つけて、インストールと有効化をします。

 

有効にすると左側に「WP Fastest Cache」が表示されるので、選択します。

 

設定タブを以下の通りに設定してください。

 

詳細については以下の通りです。

Cache System
このプラグインでキャッシュの設定を有効にする。

先読み
よく使う項目のキャッシュを自動で作成する。
チェックすると、以下のポップアップが表示されます。必要に応じてチェックします。
※分からない場合は、ホームページ、投稿、カテゴリー、固定ページ、タグ、添付ファイルを選択します。
Logged-in Users
チェックすると管理者のみキャッシュを作成しません。
管理者にキャッシュが作成されると設定変更した際、変更内容が反映されないことがあります。
スムーズに確認するためにもチェックしておきましょう。

モバイル
スマートフォンで利用する際、PC版のキャッシュを利用しません。
テーマによっては表示が崩れることがあるため、スマートフォン版の表示を確認しておきましょう。

新規投稿
新規投稿する際のキャッシュをどう扱うかです。
チェック後のポップアップは設定を変更する必要はありません。

Update Post
記事を更新する際のキャッシュをどう扱うかです。
チェック後のポップアップは設定を変更する必要はありません。

Gzip
ファイル圧縮や最適化を行います。必要に応じてチェックしておきましょう。
ファイル圧縮や最適化についてはほかのプラグインでも対応できます。

関連記事

「PageSpeed Insights」を利用して速度を計測したら「First Contentful Paint」が原因で評価が悪かった。こんな時、有効なプラグインってないの?  とい[…]

IMG

Language
このプラグインでどの言語表示にするか選択できます。

「submit」を押下します。
これで設定完了です。

まとめ

いかがでしたか?
ブログ初心者にとって、キャッシュと言われてもわからないと思います。
分からない場合は上記の設定方法に従って設定してください。