【パパ必見!】絵本の読み聞かせで気を付けること

 

悩み人
パパが子供に読み聞かせるってみんなどんな感じでやってるの?

 

という悩みを解決します。

 

トト

子供への読み聞かせはズバリ!パパが一緒に楽しめばいいんです。
実際の楽しみ方は下記で説明します。

 

解決策の根拠

トト
2歳の娘のパパ
週に約10冊程度の絵本を読み聞かせしている

読み聞かせをする前に

 

子供がパパに絵本の読み聞かせをお願いするときは

 

  • ママの言うことを聞きたくないとき
  • パパならこの絵本で楽しませてくれると思っているとき

 

です。この2つがメインです。

 

パパはママと子供の気持ち両方がわかります

ママの言うことを聞いていないときは子供にお願いされたからと言って
読み続けることのないようにお約束しましょう。

 

 

例えば、

「絵本読み終わったら寝室に行こうね!」
「絵本読んだらお片付けしようね!」

などです。

 

お約束ができれば、絵本を読みましょう

 

 

読み聞かせするときのパパの注意点

大切なポイントは以下の2つです。

 

子供より楽しむこと

 

絵本に限らず、子供と接するとき(しつけは除く)は全力で楽しみましょう

 

子供は親のことを本当によく見ています。
子供と”ながら遊び”をしていると子供にそういう人だと知らない間に認識されているでしょう。
スマホを使いながら子供とお話していると、子供も真似しますよ。

 

しかし、特にパパは絵本はつまらないなと思っている人も少なくないですよね。
でもリズミカルな絵本や主人公がドジしたりする絵本は大人でも楽しめます。

 

参考までに実際に娘に人気の絵本を紹介しているので閲覧してみてください。

関連記事

悩み人子供が絵本大好きなんだけど少し飽きてきたみたい。次はどんな絵本がいいかな?  という悩みを解決します。  解決策を提示できる根拠[…]

 

単調にならないこと

子供は何度も同じ絵本を繰り返し”読んで”とお願いします
そんな時に全く同じ読み方だと子供はすぐに飽きてしまいます。

 

そうするとパパとしてもすぐ飽きるから読み聞かせがめんどくさくなります
これは悪循環なので2回同じ読み方をすれば3回目変化を付けてみましょう

 

例えば、
声を変えてみる。とか
スピードを変えてみる。とか
“これは何?”というように質問してみるとかです。

 

こうすると子供は次は何があるんだろうと期待します。
子供自ら気が付いたことを話してくれたりします。

 

実際に上記2点(子供より楽しむこと、単調にならないこと)を注意して読み聞かせをした結果、
子供がパパに絵本を読んでほしいということが多くなりました

 

トト
娘からトトに絵本を読んでほしいと思ってもらえるとすごく嬉しいです。

 

絵本を読むときは単調にならないように注意してください

パパが絵本を読み聞かせる効果

 

パパの読み聞かせは言語能力が向上する

 

同じ時間を過ごすことの多いママの読み聞かせは子供は慣れて飽きてしまっています。
パパの読み聞かせは興味を引き出したり思考力を向上させる効果があります。

 

トト
子供は絵本を先読みして次ページを考えたりしています。

 

男性は絵本と現実を紐づける

 

男性は絵本で起きた出来事と実際にあったことや経験を結び付けます。
これは研究結果が出ていて立証されている事実です。

 

 

トト
確かに小説を読んでいるとき、仕事と結び付けているような気がするな。。。

 

 

例えば、このくるまこの前公園に行ったときに見たねとか
この人ママに似ていない?とかです。

絵本を読んでいる途中に質問することは子供にとって考える良い機会です。

 

まとめ

 

子供への読み聞かせはズバリ「パパが緒に楽しめばいい」んです。

 

  • 読み聞かせをする前に子供とお約束する
  • 子供より楽しんで絵本を読む
  • 単調にならないようにする

 

年齢別でオススメの絵本を紹介しています。
こちらも要チェックです。

 

1歳オススメ絵本

関連記事

悩み人友達の子供に絵本をプレゼントしたいんだけどどんな絵本が人気なの?せっかくプレゼントするなら親子に気に入ってもらいたいんだけど、、、  という悩みを解決します。 […]

2歳オススメ絵本紹介

関連記事

悩み人子供が絵本大好きなんだけど少し飽きてきたみたい。次はどんな絵本がいいかな?  という悩みを解決します。  解決策を提示できる根拠[…]